朝ドラ

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」が生きた時代ってどんな時代だったの?

投稿日:2016年3月25日 更新日:

さて、2016年のNHK朝ドラ、とと姉ちゃんの時代背景ってどんな感じだったんでしょう。

気になりますよね。時代を理解することできっと朝ドラを数倍楽しめると思うんです。

kouji

慣習とか服装とか、なんというか、入り込めますよね。

いったどんな感じの頃だったんでしょう?

スポンサードリンク



ときは大正9年、西暦で1920年に鎭子誕生

大正デモクラシーって知ってますか?

日露戦争終結後、アジアの各国の国際的緊張関係は緩んでいっていたんですね。

日本も例外ではありませんでした。

民主主義的な自由を求める運動が本格化していっていたんです。

とと姉ちゃん、大橋鎭子が生まれたのはまさにそんな時代でした。

sosiki

お父さんのお葬式でデビューしたとと姉ちゃん

東京の麹町の病院で生まれた鎭子は、父親の転勤のため1歳で北海道に引っ越します。

北海道ってまだまだ当時はそんなに開拓が完全にすすんでいなかったんですよね。

それが関係したのかはわかりませんが、父親が肺結核になったため、療養所を求めて家族で伊東、鎌倉、大森などを転々としたそうです。

そしてとうとう1930年にととさんは亡くなります。なんとこのとき鎭子は11歳でととさんのお葬式の喪主をつとめました。

スポンサードリンク



こんなことになったのは、ととさんの遺言にあったからという理由がまずはあるんですが、母の大橋久子さんが、鎮子さんに今後はたくましく生きて欲しいと願っていたことも大きく影響していたらしいです。

このへんも時代を感じますよね。

少し昔であればこんなことはまず考えられないことだったと思います。親戚とかから、どういうことだ!とお叱りを受けそうですもん。

戦争直後に創刊した「美しい暮しの手帖」

鎭子が花森安治氏といっしょに銀座に衣裳研究所をかまえたのが1946年なんですよね。

おもいっきり終戦直後です。すごいタイミングなんですよね。

zero

戦争で疲弊していた世の中の多くの女性をはげましたかったのでしょう。

あさが来た、の主人公もそうですが、女性のパワーには改めて驚かされますよね。

あさにとっては五代さまがよき師匠でしたが、鎭子にとっては花森安治氏は良き相談役だったようです。

そして、美しい暮しの手帖を創刊し、見事時代の波に乗り、あの「暮しの手帖」を発行するまでにいたるのです。これが、1948年、昭和23年のことだったのです。

このあとのことはみなさんもご存知の通り、日本は高度経済成長期へ突入していきます。その中でいち早くファッションの仕事に着手した鎭子は、快進撃を続けていったのです。

ginza

まさに激動の時代だった!

さて、いかがでしたか?

とと姉ちゃんの時代背景はまさに激動の時代といって良いと思います。

父親の死、戦争という困難にもめげず、すばらしい功績を残したとと姉ちゃん、あっぱれですね。

スポンサードリンク




画像引用元:https://twitter.com

おすすめ記事

1
ビューティーオープナージェル口コミ|60代カサカサ肌がモチモチ肌

動画紹介あります! 当記事からたくさんの方に入手していただいてます! 60代にもなるとお肌のカサカサはもう防げないような気がしてくるものです。 孫もでき、60代という節目の時期にいたると、もうカサカサ ...

2
ビューティーオープナーオイル口コミ|30代の購入者が続出?!

ビューティーオープナーオイル口コミを見ていると、30代の購入者の方が比較的多いんですよね。 今回は当ブログでかなり購入されているビューティーオープナーオイルの口コミを主にして、記事をまとめてみました。 ...

3
モイストフュージョンサプリ!外側からセラミド内側からヒアルロン酸

日清食品から出ているモイストフュージョンサプリメントは栄養機能食品の亜鉛をはじめ米由来セラミドや低分子ヒアルロン酸Naといった美容成分が配合されています。 潤いが足りなくなってきている30代40代50 ...

-朝ドラ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© なんだか気になるいろんな情報 , 2018 AllRights Reserved.